公演情報

かもねぎショット公演
『変奏・バベットの晩餐会』
2018年9月6日(木)~9月9日(日) @下北沢ザ・スズナリ

デンマークの作家、イサク・デイーネセン(本名カレン・ブリクセン)の『バベットの晩餐会』をかもねぎ調にアレンジして『変奏・バベットの晩餐会』をお届けします。
昨年11月上演の『ペルセポリス。そして、』は、「テアトル」誌にて2017年のベストワンに選んでいただくなど、たくさんのご好評をいただきました。本作は、久々の新作となります。

異国の地から流れついた一人の女による「晩餐会」。
誰の元にもスミズミまで届く至上の芸術が、人々に今と明日を生きる意味を与える物語。

出演は、強烈な個性を放つ俳優陣――毒と深みを合わせ持ち観客の心をワシヅカミにする渡辺信子、存在感とチャーミングさでそれぞれの道をゆく坂本容志枝小野寺亜希子、妖しく鮮烈なダンサー陣―千葉真由美松原佐紀子かわせみわ公門美佳松山善弘。 そして、かもねぎショットの栗栖千尋井草加代高見亮子が加わります。 

前作の異国情緒あふれた舞台色彩から一転、質素&慎ましい世界観を表すべく、舞台セットと照明を極力使用せず、出演陣のからだと動きで「贅沢」を見せる野心作でもあります。かもねぎ流の笑いと涙を盛り込み、多種多様なスパイスも利かせます。皆さまのご馳走となれば幸せです。どうぞご友人、ご家族などお誘い合わせのうえお越しいただけますよう……もちろん、お一人でのご観劇も大歓迎でございます! 一同、劇場にて心よりお待ち申し上げております。


作・演出=高見亮子

●スタッフ
演出協力=伊藤多恵
美術協力=加藤ちか
照明協力=中川隆一
音響=藤田赤目
舞台監督=森下紀彦
宣伝美術=西山昭彦
稽古場協力=
 公益財団法人セゾン文化財団

●出演
渡辺信子
坂本容志枝(ZORA)
小野寺亜希子(テアトル・エコー)
千葉真由美(カンパニーレゾナンス)
松原佐紀子<ダンサー>
かわせみわ<ダンサー>
公門美佳<ダンサー>
松山善弘(カンパニーレゾナンス)
栗栖千尋(かもねぎショット)
井草加代(かもねぎショット)
高見亮子(かもねぎショット)

●前売開始日
7月18日

●チケット料金
全席指定

前売・当日
 一般4000円
 晩餐会割引★3800円
 学生2800円
  ※当日受付にて学生証提示

●開演時間
9/6(木) 19:00★
9/7(金) 14:00 19:00★
9/8(土) 14:00 18:00★
9/9(日) 14:00

●チケット取扱い&ご予約はこちら